MENU

チャップアップとAGAの関連

育毛剤というと、AGAの改善効果が期待できるというイメージがありますが、チャップアップの公式サイトをみると「AGAに効く!!」などといったAGAをどうこうするといった記述が見当たりません。
チャップアップは医師も高品質であると推奨している育毛剤ではありますが、AGAについてはどうなのでしょうか?

 

AGAの薄毛治療薬というと、成分にミノキシジル・プロペシア・フィンペシアなどといったものが含まれているものがあります。
よくCMなどでも宣伝している、あの大手の育毛剤にも含まれていますよね。
しかしこの成分には残念ながら、副作用が確認されています。いくらAGAに効果があるといっても、副作用で湿疹やかゆみ、動悸、はては心筋梗塞もあるというのですから、使うのもためらってしまいますよね。

 

チャップアップにはこれらの育毛成分は含まれていませんが、全32種類もの無添加・無香料の育毛有効成分を配合して、使用した方の97%が使用感に満足している育毛剤なのです。

 

でもいくら効果があるとはいえ、AGAに直接効くような成分が含まれていないならちょっと考えてしまうところですよね。実はAGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉ホルモンなのですが、このホルモンを抑制する成分として

 

オウゴンエキス
亜鉛
ノコギリヤシ

 

といったものが挙げられます。
チャップアップの成分表をみてみますと、育毛ローションにオウゴンエキスが、サプリメントのほうにノコギリヤシエキスと亜鉛酵母が含まれています。
またそれ以外にも、男性ホルモンによる脱毛を抑える効果のある成分がさまざまに配合されています。AGAに効く!と銘打っている育毛剤ではありませんが、この成分を見た限りではチャップアップはAGAにも有効と言えそうですね。

 

 

AGAってなに?

そもそもこのAGAというのはどういう症状でどのように起こるものなのでしょうか。
CMなどで見て、なんとなくは知っている方も多いかと思いますが、AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称で、要するに男性型脱毛症のことをいいます。
しかし、男性の薄毛や抜け毛全てがAGAというわけではないようです。

 

AGAは男性でも特に若い男性のなかに多く見られる脱毛タイプのことで、男性ホルモンが大きく関係し、また加齢、ストレス、食事や生活習慣などといった環境も原因とも言われています。
M字ハゲなどとも言われますが、若いうちから生え際が気になってきたり、さらに進むと頭頂部も薄くなってきたり、このような薄毛の状態はAGAで多いようです。

 

AGAの原因とされる男性ホルモンは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるもので、これは筋肉や骨格を発達させる働きを持つ善玉男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の働きにより悪玉男性ホルモンに変化してジヒドロテストステロンとなるのだそうです。また環境要因では、血行が悪かったり毛根がつまってしまったりなど頭皮の環境の悪化により毛根へ栄養が届かないことがAGAの原因になります。

 

CMでも謳っているように、AGAはクリニックでの治療という方法があります。AGAに効果があると言われるミノキシジルやプロペシアは副作用のリスクがありますが、クリニックでしたら患者にあったオーダーメイドの治療になりますので、薬の量などリスクなく使用することができるでしょう。しかし、病院に行くのは人に見られたりなども気になるし恥ずかしい気持ちもありますよね。また、治療費のことを考えるとクリニックは今ひとつ行きづらい、そうした方には育毛剤がおすすめです。

 

先に挙げたような成分は副作用のリスクがありますが、無添加・無香料で副作用のリスクのないチャップアップでしたら、頭皮に影響のある成分は一切入っていません。医師も優秀な品質の育毛剤と太鼓判を押しています。チャップアップの定期コースを選べば、育毛ローションとサプリメントでAGAの原因であるジヒドロテストステロンに効果のある成分を外側と内側、両方から摂ることができます。